トレジャーリサーチは潔白?バックエンド詐欺との関連性について!

トレジャーリサーチは潔白?バックエンド詐欺との関連性について!

トレジャーリサーチのバックエンド詐欺疑惑、聞いたことありますか?

「バックエンド詐欺には十分に気をつけましょう。」このような注意書きを情報発信サイトで目にしたことがある人はいませんか?

バックエンド商法を悪用し、高額塾へと巧みに勧誘してくるような悪質な情報商材はバックエンド詐欺と呼ばれることがあります。

誰でも気軽に、好きな額を稼ぐことができると話題になったトレジャーリサーチに、このバックエンド詐欺疑惑が今持ち上がっています。

バックエンド詐欺とバックエンド商法、これら2つとトレジャーリサーチの関係性についてお答えします。

悪質なバックエンド詐欺はごく一部であるその理由

まず、情報発信サイトで注意喚起されるバックエンド詐欺はバックエンド商法が使われている商品の”ごく一部”であることを説明させていただきます。

バックエンド商法とはフロントエンドと呼ばれる商品を使うことでバックエンドと呼ばれる商品へ顧客を誘導することを狙ったマーケティング戦略になります。

一般的にフロントエンドには集客力の高い低価格でキャッチーな商品が採用されることが多く、バックエンドには単価の高い商品が採用されることが多いといえます。

バックエンド商法はイコール悪ではありません。

注意喚起がなされるような悪質なバックエンド商法が用いられた商品はごく一部で、なかには顧客と販売元がwin-winともいえる商品だってあるのです。

トレジャーリサーチは悪質なバックエンド詐欺ではない!

悪質とされるバックエンド詐欺、バックエンド商法、これらとトレジャーリサーチの関係性はどうなっているのでしょうか。みていくことにしましょう。

まずバックエンド商法とトレジャーリサーチの関係性についてですが、これに関しては関係性はあるといってよいでしょう。

トレジャーリサーチの販売にはバックエンド商法が用いられており、それはサイトからもわかります。

LINEの友達にトレジャーリサーチの登録を行うとパンフレットが送られてきますが、これがいわゆるフロントエンド商品にあたり、その後パンフレットを通して購入することのできる2万円のトレジャーリサーチ本体がバックエンド商品にあたります。

パンフレットで顧客をトレジャーリサーチ本体に誘導しているわけです。

それでは、このトレジャーリサーチが悪質なバックエンド詐欺と呼べるのでしょうか?答えはノーです。

フロントエンドはサービスにて手に入れることのできるものであり、バックエンドは法外な価格ではありません。これは極めて一般的なバックエンド商品であるといえるでしょう。

トレジャーリサーチとバックエンド商法との関係性はあるといえるが、トレジャーリサーチと悪質なバックエンド詐欺との関係性はない!というのが答えとなります。

安心してトレジャーリサーチを始めてくださいね。